動画面接が選ばれる理由とメリットについて

採用面接の抱えている課題はさまざま

求人に応募する方は「早い選考をしてくれる会社ほど、自身への興味や期待がある」と感じています。だからこそ、企業側は早い段階で合否を決める方が好ましいのです。しかし、現実はそうはいかず、採用面接には沢山の課題があります。その中でも、動画面接が解決できる悩みをピックアップしてみました。

動画面接で解決できる!人事採用の悩みリスト

  • 遠隔地在住の方とのスケジュールが組みにくい
  • 就業中の応募者は途中辞退しやすい
  • 人事採用にかかる交通費・宿泊費が高い
  • 求人応募するためのフォーマットが簡易的ではない
  • Uターン・Iターン希望者の確保が難しい

面接の種類にも色々ある

どのような企業であれ、人事採用において「面接」を実施することは欠かせません。面接では就業者の労働意欲やスキル、人徳などを確かめるために様々な質問を行ないます。しかし、企業で採用されている面接には色々なタイプがあり、それぞれのタイプで審査の傾向が異なるようです。

企業で採用されている面接ランキング

男女
no.1

個人面接

面接官1名もしくは複数名に対して、求人の応募者が1名で臨む面接が個人面接になります。個人面接の場合、グループ面接よりも1つの質問に対して深く掘り下げることが多く、その人の人間性を重視します。面接時間は短い時間で20分程度で終了しますが、企業によっては1時間ほど面接することもあるようです。

no.2

グループ面接

複数名の面接官に対して、学生が複数人で一斉に面接を行なうタイプの面接がグループ面接です。グループ面接は多くの求人応募者がいる企業が採用している傾向にあり、主に1次試験など、選考の初期に行われます。学生の人数は3名から5名程度が基本で面接中は、協調性や他の方の話を聞く姿勢などが注視されます。

no.3

動画面接

最近多くの企業が採用しつつある面接のタイプが動画面接になります。動画面接ではテレビ電話など、オンラインを用いて採用担当者と求人応募者が面接や自己PR動画の提出を通じ、人事採用を行っていきます。動画面接自体は日本では真新しい面接方法ですが、採用側からのメリットが多いので人気が高いです。

多くの企業から注目されている動画面接とは?

メンズ

動画面接のニーズが高まる要因

近年、動画面接のニーズが高まっていることをご存知でしょうか?なぜ、動画面接の需要が高まっているのか、それは時間的な要素と金銭的な要素が関係しています。そもそも従来の就職活動では、就職者自身が受けたい企業へ応募し、現地で面接を受ける形が基本でした。しかし、その場合、遠隔地からの応募者は面接のための来社には時間的・金銭的に負担を強いることもあり、面接自体受けられないケースが多くあります。ですが、動画面接では遠隔地の方とも簡単に面接を行えるので、今や数多くの企業から採用されるようになったのです。

面接

動画面接を導入するメリット

動画面接を導入するメリットとしては、先述した通りに遠隔地からの就職希望者が増加しやすいということにあります。動画面接を導入すれば、全国のどこからでもオンラインで面接を行なうことができ、地方からの有能な人材の採用機会も増えます。また、動画面接は就職希望者がインターネット環境にあり、パソコンやスマホがあれば、面接の実施が可能です。そのため、就職希望者側からしても、従来の面接より比較的に受けやすい面接スタイルと言えるでしょう。

レディ

動画面接のサービスは厳選するべき!

動画面接のサービスを提供している会社は複数あります。当然のこと、これらの会社ではそれぞれで動画面接サービスの内容や費用が異なり、使いやすさも違ってきます。そのため、動画面接を導入することをお考えなら、各会社のサービスを比較してチェックするようにしましょう。また、動画面接サービスの評判などが知りたい場合には口コミなどを確認することもオススメできます。口コミなら利用者の体験談が細かく記載されているので、選び方の参考になるはずです。

[PR]
動画面接を導入しよう
メリットが満載☆

動画面接が有用なケース3選

面接

人材が不足している場合

動画面接では、就職希望者や採用担当者が移動する手間や時間が全くいらないので、1日に多数の面接を行なうことが可能です。従って、人材不足に悩んでいる企業の場合、有用なケースと言えます。

コスト削減を行ないたい場合

従来の面接方法だと、少なからず交通費や宿泊費が発生し、企業の負担が増えることも多いです。しかし、その点、動画面接では面接におけるコストが全くないので、これらの経費を削減することが可能なのです。

人事採用の担当者が忙しい場合

人事採用の担当者が普段から忙しい場合、動画面接に切り替えることによって、業務の負担を大きく軽減することができます。人事採用の時間が短縮できれば、それだけ別の業務に余裕を持つことができるでしょう。

広告募集中